鹿児島から世界中の子どもたちに奉仕するボランティア団体

私たちの活動

  • HOME »
  • 私たちの活動

キワニスドール普及活動

 キワニスドールとは?

kiwanis-doll キワニスドールは、木綿生地にポリエステル綿を詰めた身長約40cm、体重約50gの無地の人形です。
小児科の医師がドールの部位を示して患者の子供たちから病状を聞いたり、治療の説明をしたりして恐怖心を取り除きながら診療・治療を進めるのに役立っています。
1988年ごろオーストラリア・メルボルンのキワニスクラブで誕生し、国内で普及するとともに1994年には北欧に伝わり、2001年、日本でも導入されました。
会員が手作りしたドールをさまざまな医療機関に贈呈しています。

 どうやって使うの?

DSC04562

木綿生地にポリエステル綿を詰めたキワニスドール。とても素朴な形で、目も鼻も口もありません。ただ一つ身に付けているのは、国際奉仕団体キワニスのマークの小さなラベルだけです。
しかし、このちょっと風変わりな、ノッペラボウの小さな人形が、普通の玩具の人形とは違った方法で、病気の子供達に大きな力を与えています。
小児科の医師が人形に内臓の絵を描いて、ドールの部位を指差して患者の子どもたちから病状を聞いたり、治療の説明をしたり、人形に注射をしたり、手術の説明にも使われます。子どもたちから恐怖心を取り除きつつ、診察や治療をスムースに進めるのに役立たせます。

また看護学校では実習に使われたり、養護学校では児童に体の説明に使われたりと様々な使われ方をしています。小さな患者さんは大好きな人の顔を描いていつも側に置き、退院の時は持ち帰って大切にしています。

鹿児島キワニスクラブ 活動報告レポート

天文館図書館に児童用の図書を寄贈いたしました

鹿児島キワニスクラブ(会長:松山真輔)は、センテラス天文館内に新設されました天文館図書館に児童用の図書185冊を寄贈いたしました。 この活動は鹿児島銀行SDGs私募債にてご寄附いただきました、鹿児島書籍吉田社長様のご協力 …

錦江湾キッズクルーズ2022の活動報告

事業目的: 鹿児島県を中心とした施設に入所している児童30名前後を募集し、錦江湾において桜島フェリーのよりみちクルーズに乗船する機会を提供し、鹿児島の宝である桜島・錦江湾の大自然を海上から肌で感じてもらい鹿児島の魅力を発 …

林初代会長が新聞へ掲載されました。

今年度日本地区ガバナーに選任されました林初代会長の新聞掲載記事をご覧ください。 ぜひ、キワニスの精神に賛同される方はご入会をお待ち申し上げております。 特に女性会員の増強を積極的に啓蒙活動しております。

児童虐待防止月間の街頭キャンペーンを行いました

2021年11月7日 児童虐待防止月間の街頭キャンペーンを行いました。 これは、鹿児島県庁子ども家庭課と鹿児島市役所こども福祉課との共催でのキャンペーンです。 オレンジリボンキャンペーンの目的、趣旨は、児童虐待防止への県 …

鹿児島県社会福祉事業団 児童養護施設 仁風学園様に8個のランドセルを寄贈してまいりました

今回、鹿児島県社会福祉事業団 児童養護施設 仁風学園様に8個のランドセルを寄贈してまいりました 弊クラブの会員からのご紹介で、在庫のランドセルを譲りうけましたので、年長さん在籍する施設を選び贈呈しました 仁風学園様には5 …

PAGETOP
Copyright © 鹿児島キワニスクラブ All Rights Reserved.
Powered by WordPress & BizVektor Theme by Vektor,Inc. technology.