鹿児島キワニスクラブ例会のご報告です。

今日は7月7日の「七夕」ですね。その中大勢の会員が集まりました。

鹿児島キワニスクラブからも、彦星と織姫に願いを~という気持ちで例会を迎えております。

世間一般的には「7月7日」が七夕なのですが、鹿児島の一部地域では8月にやるところもあるのです。
はじめは「あれー?間違ってる~」と思いましたが、結構鹿児島県内のいろいろな場所で8月7日を七夕にしているところを見かけます。

旧暦でやるのかな?とも思いましたが、旧暦って毎年日にちはずれていると思ったのでちょっと調べてみました。
(間違ってたらすみません)

 旧暦に行われる七夕は、「伝統的七夕」や「旧暦による七夕」と呼ばれているそうです。
 新暦の七夕はそのまま「七夕」らしいです。
 新暦の8月7日に行われる七夕は「旧暦の七夕」ではなく、実は「新暦の月遅れの七夕」なのだそうです。

でした。

また、鹿児島の伝統的お祭りの「六月灯(ろっがっとー)」も7月に様々な場所で盛り上がりますので、鹿児島は新暦と旧暦で楽しめますよ!

と、話が逸れてしまいましたが、

例会の中で、「エリミネイト・プロジェクト(妊産婦・新生児破傷風を撲滅するための活動)」の貢献を称えられ、モデルクラブバッジが授与されました。

エリミネイト・プロジェクト モデル・クラブ・バッジ
鹿児島キワニスクラブ エリミネイトプロジェクト

バッジ類をもらう機会は、社会人になってからほとんどなかったもので、実は密かに嬉しいんです。

これからも活動に貢献していきます!

鹿児島キワニス例会20160707